フボログなひび
Text Size :  A A A
|  News  |  Diary  |  Mobile  |  Clip  |  Shop  |  Bbs  |  Link  |  Help  |
Img_4f48f6a1768539b1a6db072b430df8d4
今年も残すところあと数時間。
もっと早く今年を振り返る時間が欲しかったのですが、今年の年末は例年に増して忙しかった・・・。
クリスマスも家族と離ればなれだったしね〜。

今年の上半期は、写真展のために三回も台湾に行きました。
そのうち一回は家族を同伴で、娘とは3年ぶり?の台北。



Img_0230f0c7468869cce3c56b5d141d656f

そして夏には瀬戸内国際芸術祭に合わせて、仕事でもゆかりの深い直島で個展をしました。
お金もかかるし・・・、ということでの家族四人で車でロングドライブも、この先早々できる経験ではないかと思うと、無茶してよかったなと思います。

クラゲがたくさんいて、海水浴ができなかった高松でしたが、直島では全く状況が違っていて、娘と二人でぷかぷか浮かびながら海を漂ったのも気持ちよかったです。



Img_acc32f35e3d724fd4fdab5b4fdaf7fa3

そして台湾、直島と初めての場所での写真展示に続き、10数年の写真歴で初めてのワークショップを3回も開催しました。

家族の関係を見つめ直すきっかけを作りたくて企画したワークショップは、「母の日」「父の日」「敬老の日」に開催することにしました。

参加者が自身の家族を撮影するという内容ですが、だからと言ってクオリティは高いところに保ちたかったので、ライティング・カメラ・その他の機材は全て僕が普段仕事で使っているものを使用し、セッティングし、色味の調整を施して納品しました。


僕には「家族が撮影した、家族写真に勝るものはない」という仮説があって、それを証明したかったのというのも開催の理由です。

敬老の日にご参加いただいたおばあちゃんから、「一生の思い出になった」と言ってもらえた時は、本当に嬉しかったし、その証に、やっぱりお孫さんが撮影したおばあちゃんの表情は素敵でした。




移動距離が非常に多かった今年は、その分様々な人に会う機会も増え、本当に素敵な一年になったと思います。

二年前、写真集を作っている最中は本当に不安で仕方なかったこともありましたが、そこで始めたことがこうやって続いていることに、本当に感謝しても仕切れない気持ちです。

本当にお世話になりました。
来年は今年にまして、ちょっと突拍子もないことを考えていますが、笑いながらお付き合いいただけたら幸いです。

それでは皆様よいお年を。

Img_72081f256970c46186fb1a0ef679e819
Img_179b59678a8c33f0da9ab56ce787173b
Img_d134010c377044400456e5c1bae08dd0

これだけ隙間なく今までブログに上げてきた写真たちがヒットするのにびっくりしました。

物忘れの激しいこの僕が、どれも撮影した瞬間のことは憶えています。そのことにまたびっくり。
以前に「写真は記憶の引き出しを開ける鍵だ」と書いた気もしますが、自分でそのことを証明した気がしました。


・・・。
どんな道筋で物事を考えたか忘れましたが、僕の心の原風景を撮影したいと思う今日この頃です。
 (父)
Img_5e2b0016240da9ae914de121b816fa40
Img_7753e9a86579a5c0a110e98849d9062f
Img_77eabec86bc3d690a9fee4dfeb4ea529
Img_f512ab90cc6b861a70954331d0c936e0
Img_d37cd91351a32b0cf58c06936ac2bbbf
Img_b15e2e2cc248f719e988a7a1b866c7c2

9月に入って雨の日も多く、余韻のまったくない夏の終わりをむかえた気がします。

そしてもうすぐ10月。夏の事なんてはるか昔の事のように感じますが、食べるか、運動するか、勉強するか、寝るかしてそんな寂しさは忘れる事にいたしましょう。

 (父)

息子は動物の秋。
Img_ddf35159c31b381f8586a695bc5df8cc
Img_ee601d568ee394aebaccdc60f8a78101

もう一週間も前になってしまいましたが、敬老の日ワークショップ「おじいちゃん・おばぁちゃんを撮ろう!」が無事に終わりました。

今回、写真の許可取りをするのを忘れてしまってこちらに載せる写真がないのですが・・・。

いくつかいただいた感想では、

・(娘の)将来なりたい職業にカメラマンをいう選択肢が増えていた
とか
・一生の思い出になりました。(おばあちゃん)
とか言っていただいて、やってみて良かったと思えました。


ワークショップというものを初めて、しかも一年で3回やってみましたが、今年はもうおしまいです。
同様の形でやるかどうかはわかりませんが、来年もちょっと考えていることがあるので、またいろんな方にお会いできたら嬉しいなと思います。

ぼんやりとですが、皆さんに来てもらう形ではなく、僕が皆さんに会いに行くことができたら面白いだろうなと思いました。

 (父)

教訓:集合写真は難しい・・・。


Img_7ec58d89cef5d9513f2f46bf9e3f6b06

最近AOIちゃんのことが気になって仕方がない父です。

なんと誕生日が僕と同じ9月9日。
気になるはずです。
そういうわけなので、妻は息子の代筆で手紙を、僕は二人の好きな恐竜の絵を描いてAOIちゃんに渡すことにしました。
息子を全力で支援です。

そのAOIちゃんか可愛かったのは前回でも触れましたが、先日妻が何かのきっかけで息子に見せた女性の画像をみて、息子が「AOちゃんにそっくりで可愛い。」と。

その女性はこちら。 (Click!) 
気になるはずです。

望みは薄いが頑張れ、息子よ。

 (父)

Img_ac505e2ffe32b049ac4eba1e15eb877b